不動産買取のポイントと手順

 

不動産買取とは

不動産を売却する場合、「仲介」、「買取」の2つの方法があります。買主を探さなければいけないのが「仲介」、不動産会社に売るのが「買取」です。ここでは、不動産会社に買ってもらう「買取」を説明しています。まず、メリットは買主を自分で探す手間がなく、すぐに売れることです。場合によっては、買主が見つからない「仲介」から「買取」に切り替えることによって、確実に現金に変えられるのも魅力です。デメリットは、業者は転売を目的としているので、利益を得るために「仲介」よりも安くなる場合があります。一般的に、買取価格は仲介での価格の60~85%の価格で行われています。物件によっては、50%に下げられてしまうこともあります。

しかし、仲介手数料がなく長期の時間も必要としない「買取」も不動産売却の方法の一つとしては有効です。次に、不動産会社探しですが実は、「買取」はどの不動産会社でも行っているわけではないのです。仲介手数料が得られる「仲介」とは違って、「買取」は不動産会社が買主になるので買取資金が必要になってくるためです。そのため、不動産会社探しが「仲介」よりも厳しくなります。ここで、不動産会社を選ぶ際の第一のポイントは物件の価値をよく知っているかです。

例えば、今までの価格変動や地域開発をよく知っているかなどです。次に、売却の際のアドバイスを受けやすいようにしっかり相談に乗ってくれるかどうかです。「買取」の手順は査定⇒価格の提示⇒スケジュール打ち合わせ⇒売買契約⇒引き渡しが基本です。上記のように売却となると、価格を決める時や最終的な条件の確認など様々な話し合いが大事になります。ですので、しっかり話を聞いてくれるのかどうかを見極めましょう。

○関連情報
不動産を売却をする際に便利な一括査定サイトです >>> 不動産買取査定

不動産会社の決め手

いざ不動産売却を決め、買主の不動産会社を探す時、納得のいく不動産会社を探すポイントはなんでしょうか?まず、自身の売りたい不動産の判断基準として、高額で買ってくれるかどうかで探すことでしょう。現在では、インターネ・・・

不動産買取の手順

では、次に詳しい不動産買取の手順を説明致します。ステップ1不動産会社を探す・・・2ページ目で述べたように、インターネットを利用したり街を実際に歩いたりして候補の不動産会社を決めましょう。ステップ2査定依頼・・・候補の不動産会社・・・